ここにしかない特別を味わえるカフェ

WABARA Cafe

スタイリッシュな「WABARA Cafe」の外観(写真:MASAKI KOMATSU)
スタイリッシュな「WABARA Cafe」の外観(写真:MASAKI KOMATSU)

真っ白な壁が、朝摘みのバラの淡い色彩を引き立たせ、大きなガラス窓から差し込む優しい光が、特別な空間を演出する。
ここは「Rose Farm KEIJI(ローズファームケイジ)」が手がけるオリジナル品種のバラ「WABARA(わばら)」をテーマにしたカフェ。その名も「WABARA Cafe」。守山駅から徒歩約7分の場所にある、近代的なガラス張りの外観が目印だ。

店舗は、「あまが池プラザ」の1階にある(写真:MASAKI KOMATSU)
店舗は、「あまが池プラザ」の1階にある(写真:MASAKI KOMATSU)

当店の最大の特徴はフード、ドリンクに関わらず1オーダーごとにわばらを一輪プレゼントしてくれること。ちなみに「WABARA(わばら)」とは、「生きたバラをつくる」というコンセプトのもとに、バラ作家の國枝啓司さんが手がけた「Rose Farm KEIJI」のオリジナルのバラ。國枝さんは「プリンセスマサコ」という、雅子妃殿下をイメージしたわばらを作り出し、本人に献上したことでも有名だ。

朝に摘んだわばらが店内にたくさん展示されている。(写真:MASAKI KOMATSU)
朝に摘んだわばらが店内にたくさん展示されている。(写真:MASAKI KOMATSU)

「Rose Farm KEIJI」では食用のわばらも育てており、店内ではそのバラを使用した様々なメニューが楽しめる。わばらの花びらのみで抽出された「WABARAペタルティー」や、わばらを使用したオリジナルスパイスを使用した「WABARA薬膳カレー」がおすすめ。

人気の「WABARA薬膳カレー」(写真:MASAKI KOMATSU)
人気の「WABARA薬膳カレー」(写真:MASAKI KOMATSU)

カフェメニューのテイクアウトも可能で、わばらは1輪からも購入できる。わばらを使用した多彩なギフトも並び、県外からこれを求めて訪れる人も多い。守山で生まれ育ったわばらは手土産にも喜ばれるのだ。カフェ利用はもちろん、ギフトショップとしても気軽に立ち寄れるカフェとなっている。

1オーダーにつきわばらが1本もらえる(写真:MASAKI KOMATSU)
1オーダーにつきわばらが1本もらえる(写真:MASAKI KOMATSU)

WABARA Cafe
所在地:滋賀県守山市勝部1-13-1 あまが池プラザ101
電話番号:077-596-3070
営業時間:11:00~19:00 ※季節により変動あり
定休日:月・火曜日
https://rosefarm-keiji.net

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ