エリア概要コラム

由緒ある寺のおひざ元。豊かな自然に囲まれた街、石山寺四丁目

石山寺四丁目エリアは大津市南部、日本最大の面積と貯水量を誇る琵琶湖の南端部に位置する。周辺には「石山寺」をはじめとする豊富な歴史的資産が残されており、東側には瀬田川が流れる自然豊かな地域。

県内最古の木造建築物が残る街

石山寺
石山寺

奈良時代に「石山寺」が創建され、平安時代に観音信仰が盛んになると、京都からほど近い観音霊場として宮廷女人の間で「石山詣」が流行。石山寺は、紫式部が『源氏物語』の想を練り、清少納言や和泉式部も随筆で記した寺としても知られている。さらに、松尾芭蕉や島崎藤村など多くの文人も訪れており、さまざまな文人の所縁の地として、石山寺境内をはじめエリア周辺には複数の史跡が残されている。

「石山寺」第一梅園から見た月見亭
「石山寺」第一梅園から見た月見亭

また、この寺は、歴史的価値だけでなく、自然の豊かさも魅力。「石山寺」は「花のお寺」といわれるほど四季を通していろいろの花が咲き誇る花の名所。春には梅や桜、夏にはアジサイやサルスベリ、秋にはハギやムラサキシキブ、そして紅葉、冬にはサザンカやロウバイなどが見ごろを迎える。また、近江八景の一つに数えられる「石山の秋月」に代表されるように、月の美しい土地としても有名。

瀬田川リバークルーズ
瀬田川リバークルーズ

エリア東部には瀬田川が流れ、北部には滋賀県の面積の6分の1を占める琵琶湖があり、潤いのある景観を形成している。瀬田川ではリバークルーズが楽しめるほか、夏季には船幸祭(瀬田川花火大会)などのイベントも開催。琵琶湖でも、ジャズフェスティバルといったイベントや、ウォータースポーツ、釣りなども楽しめる。

地域が連携して子育てを推進

石山寺四丁目エリアの位置する石山学区では、学区内の幼稚園や小学校・中学校が連携して、保護者や地域とともに子育てを推進しているのが特徴。たとえば「大津市立石山幼稚園」であれば、「大津市立大平保育園」とは春・秋・冬の交流、「大津市立石山小学校」とは5年生との交流や給食交流、「大津市立石山中学校」とは職場体験事業「GO!5!ワーク石山」の受け入れをはじめ、家庭科保育体験受け入れ、園児たちの中学校訪問などを実施。交流をきっかけとして、子どもたちの成長を促している。

大津市立石山幼稚園
大津市立石山幼稚園

「大津市立石山幼稚園」は、「大津市立石山小学校」の南西に位置する幼稚園。遊具の並ぶ広めの園庭のほか、滋賀大学教育学部キャンパスの原っぱへも遊びに行くなど、外遊びの機会が多いのも魅力といえる。このエリアには幼稚園以外にも、認可保育園や認定こども園なども充実しており、保育施設の中には子育て支援事業の一環として親子の交流の場となる「子育て広場」や「つどいの広場」が実施されている場所も多い。

大津市立石山小学校
大津市立石山小学校

「大津市立石山小学校」は、1874(明治7)年鳥居川に開秀学校が設立されたことに始まる歴史ある小学校。毎日、昼休みの後には「石山タイム」と呼ばれる10分間の学習時間が設けられており、外国語や基礎基本の習得に充てられている。

大津市立石山中学校
大津市立石山中学校

「大津市立石山中学校」は、「GO!5!ワーク石山」の取り組みで2006(平成18)年度に文部科学大臣表彰を受けたこともある中学校。この取り組みは、全校生徒が5日間連続して、周辺地域の100カ所以上の事業所や福祉施設で職業体験や福祉施設体験を行うもの。学校生活では得られない貴重な経験をすることができる。

大津市独自の子育て施策も豊富

大津市では、子ども・子育て支援事業計画を立て、「子どもの幸せを社会全体で支え合い、子どもが健やかに育つ環境づくり」を推進している。子育て世帯に向けた独自の施策も豊富。『とも☆育』は、サイトやアプリで市内の子育て情報を紹介するもの。手当や助成といった子育て支援情報をはじめ、子育て支援施設、親子で楽しめるイベントなどを手軽に知ることができる。

「大津市父子手帳」は、新しく父親になる男性を対象とした、子育てを充実させるための情報誌。妊娠出産や、子どもの成長段階に合わせた子育ての基礎知識が、わかりやすく解説されている。

また、幼稚園では少子化にともない集団規模が小さくなるのを防ぐ対策もとられている。これは、集団の中でいろいろな相手に思いを伝えたり、一つのことをみんなで成し遂げたりといった子どもたちの経験を奪わないようにするため。3年保育の実施や、近隣の幼稚園との再編などが考えられている。

さらに、小学生の通学路における安全対策も、「大津市通学路交通安全プログラム」を策定して推進中。大津市内の小学校の通学路を1年に1度点検を実施。危険箇所を洗い出し、歩道の整備や防護柵の設置といったハードと、安全教育などのソフト、両面からの対策が講じられている。

京都・大阪への通勤もスムーズ

京阪石坂線「石寺山」駅
京阪石坂線「石寺山」駅

石山寺四丁目エリアの最寄り駅は、京阪石坂線「石寺山」駅。京都や大阪方面へ向かう際は、京阪石坂線「石山」駅でJR琵琶湖線「石山」駅に乗り換えるルートとなる。石山寺四丁目の最寄りのバス停留所である「樋ノ口」からは、京阪石坂線「石山」駅を経由して、JR琵琶湖線「石山」駅方面へ向かう京阪バスも運行。通勤時間帯は本数も充実しており、スムーズに乗車できる。

JR琵琶湖線「石山」駅
JR琵琶湖線「石山」駅

JR琵琶湖線「石山」駅は新快速電車の停車駅。「京都」駅まではおよそ13分、「大阪」駅までおよそ44分と通勤圏内。また自動車を使う場合は、京滋バイパス「石山IC」が近い。京滋バイパスは名神高速道路に接続しているため各地へのアクセスも便利となっている。